spa_aroma_body2

今回は、「風邪予防」と「乾燥肌対策」について少しお話します☆

▼風邪▼

風邪は、季節の変わり目など自律神経が弱りがちな時期に鼻や喉などの呼吸器に侵入して感染し、発熱・喉の痛み・せき・鼻水などを引き起こします。まずはかからないようにしっかり予防していきましょう。

(予防法)
 .丱薀鵐垢領匹た事…特にビタミン/ミネラル補給が必要です。
 体力維持…ストレッチや運動で免疫力を高めましょう。
 湿度…風邪の菌は部屋の湿度60%で2時間、50%で4時間で死滅すると言われてい ます。
 ど仝撞曄追,埜撞曚垢襪海箸如菌の侵入を防いでくれます。
 ゼ蠕い・うがい…お茶でうがいをするとカテキンが細菌やウイルスを除菌・殺菌 してくれます。
 Σ垢い飲物…温かい飲物を飲むことで体を温めるようにしましょう。

 風邪の引き始めには、熱めのお風呂に入って体を温め、よく寝ることが大切です

☆そこで今回は、「入浴法」のご紹介☆

入浴法にはアロマバスがあり、全身入浴法・部分入浴法とがあります。

(全身入浴法)
…お湯を張った湯船にお好みの精油を5〜6滴(最大)いれます。かき混ぜたら、みぞおちくらいまでゆっくり浸かります。

※敏感肌・乾燥肌のかたは牛乳や蜂蜜を小さじ1杯程度または、アルコール度数の高いウォッカ、適量の天然塩などにあらかじめ精油を混ぜてから入れるようにしましょう。

(部分浴法)
…洗面器に40℃くらいのお湯を張り、ハンドバスの場合は精油1〜2滴入れ手首まで10〜15分つける。フットバスは精油3〜4滴入れふくらはぎまで10〜15分つけます。
shogetsu_spa_foot_2

▼乾燥肌対策▼

空気が乾燥する季節はお肌の水分も蒸発し、寒さで皮脂の分泌が少なくなり肌が荒れがちになります。

肌の乾燥を防いでいるのは、皮脂膜と毛穴から出てくる水分、皮脂膜の下にある角膜層の天然保湿因子(NMF)、細胞と細胞の間にある細胞間脂質(セラミド)の3つの組織の働きによるものです。

このバランスが崩れると肌乾燥の原因になります。

また、シミ・しわ・たるみは肌乾燥が原因になりますので、予防を心がけましょう


(対策)
\顔…ぬるめのお湯か水で軽くなで洗うようにし、必要な皮脂まで流さない。
⊆湘戞腸端彰錣覆匹50〜60%に保ちましょう。
十分な睡眠…質の良い睡眠で肌の回復を
ぅ丱薀鵐垢領匹た事…乾燥肌にはビタミンA
ナ歇哨リームを塗る…肌に水分補給、水分維持に効くヒアルロン酸入りの保湿クリームを摂りましょう。

◎風邪予防/乾燥肌に作用のある精油や体を温めミネラル補給してくれる入浴剤などの取り扱いもございますので、お気軽にご相談くださいませ☆☆

公式ホームページリンク
スパエステ / 皆生温泉 海色・湯の宿 松月


「いいね」をクリックしていただくと幸いです♪
皆生温泉松月 スポットページ

皆生温泉松月 フェイスブックページ

いつもクリック協力ありがとうございます♪
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ